趣味のblog。。つれづれなるままに

最近ハマっているヘッドホンメインにその他趣味についてもつらつらと

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ULTRASONE HFI-2200ULE

【個人的な5段階評価】
★-----------------★
音:3.5
装着感:4
デザイン:3.5
個人的お気に入り度:3.5
★-----------------★

※既に手放しており、写真はありません。

HFIシリーズのヘッドホン。色からクマホンとも言われている。
音はゾネホン的な刺激があるものの、全体的にはおとなしい方だと思える。
他のゾネホン(特にPROline750が音的に近い)でカバーできる為、使うとことが少なく手放すことになった。

ウォームさがありながら、耳に痛い程でもないので、ゾネホン初心者にいいかもしれない。
ロックは合う方だと思うが、メタルは微妙ではないかと思う。
カッチリ系の音が好きならばHFI-780やDJ1PROをオススメするが、PROシリーズが好きならこちらもありではないか。
現行はHFI-2400であり、音の変更はあまりないらしいので、気になる方は一度聞いてみては如何だろう。

スポンサーサイト

| ヘッドホンレビュー | 03:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PHILIPS SBC-HP830

【個人的な5段階評価】
★-----------------★
音:3.5
装着感:3
デザイン:2
個人的お気に入り度:3.5
★-----------------★
PHILIPSのヘッドホン。現在は生産終了品である。


低価格なヘッドホンとしては、かなり質が高い。
低音は厚みがあり、量としても必要十分。
この値段だとありがちな曇りも少なく、中音もよく聞こえる。
高音は若干荒いが、気にするレベルではない。


装着感は普通だが、若干締め付けが強い。
人によっては悪い部類に入るかもしれない。

適度な明るさもあり、切れがいい。
若干ドンシャリではあるが、ロックやポップス系によくあうだろう。


この価格帯(~5000)を代表する高コストパフォーマンスを誇るヘッドホンである事は間違いない。
現在は生産終了と言うのは本当に残念だ。
もし何かの機会に見ることがあれば、一度は手にとってほしい。

2011/04/14追記
記事作成時点で手に入らないヘッドホンであった為、今現在も同様。
なお、このヘッドホンは知人に譲渡済み。

| ヘッドホンレビュー | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

beyerdynamic DT880PRO

【個人的な5段階評価】
★-----------------★
音:4.5
装着感:4
デザイン:3
個人的お気に入り度:3.5
★-----------------★


beyerdynamicフラグシップヘッドホンの一つ。
セミオープン型である為、音漏れはまぁまぁ。外で使えるレベルではないが。

音質は高音よりだが、全体的に高レベル。
問題があるとすれば、よくまとまっている為、特質すべき特長に欠ける点か。
ベイヤー独特の刺激もあるにはあるが、それでも若干おとなしい印象を受ける。



装着感はかなり良い。イヤーパッドも心地よい。
ただ、ふかふかのパッドは冬にはよいが、夏場は厳しいかもしれない。

ジャンルとしてはよく言われるジャズ系はかなり合う。
雰囲気をよく表してくれ、思わず聞き入ってしまう。
その他のジャンルでも特に不得意なものは少ないと感じる。



990・770と比べてDT880PROは癖が少なめなので、初ベイヤーとしても悪くない。
少々お高いが、機会があればぜひ聞いてみて欲しい。

2011/04/14追記
ジャズ用途ではかなりいいのだが、私はDT990PROの方が好きかもしれない。

| ヘッドホンレビュー | 03:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SONY MDR-F1

【個人的な5段階評価】
★-----------------★
音:3
装着感:5
デザイン:3.5
個人的お気に入り度:4
★-----------------★


SONYのフルオープン型ヘッドホン。
この形式はヘッドホン全体で見てもあまり多くない。
当たり前だが盛大に音漏れするので注意。

音質としては以外に低音がよく出ている。
聞く前はこの形状ではスカスカではないかと思っていたが。
中・高音も悪くない。総合的にはバランスがよい。
ただし、全体的に篭り気味の音質である事は否めない。

フルオープンの特徴と言うべきか、長時間の使用に関してはトップクラスだろう。
熱が篭る事もないので、夏でも常用できそうだ。
音質も合わせると映画やBGM的な用途に使うべきかもしれない。
メタル用途では音がちと軽すぎる。パンチに欠ける。
とは言え、基本的には何でも聞けるタイプだろう。


正直、価格との対CPで考えるとあまりよくない。
2万近く出すならば、他にもっといいヘッドホンがあるのも事実だ。
だが、長時間使用可能であり、音的にそれほど癖もないので、
より長い時間ヘッドホンを使いたい人には、選択肢の一つに入るのではないか。



デザインも悪くないので、半分インテリア的な感覚で買うのもありではないかと思う。

2011/04/14追記
フルオープンの装着感にハマってしまい、使用頻度がかなりアップした。

| ヘッドホンレビュー | 03:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DENON AH-D2000

【個人的な5段階評価】
★-----------------★
音:4
装着感:4
デザイン:3
個人的お気に入り度:3.5
★-----------------★
DENONのヘッドホン。最上位のD5000の下位バージョン。
D5000との違いはハウジングとケーブルだと思われる。


音は全体的に地味。
特に一部が強調されたりはしない。
派手さはないが、しっかり音を伝えてくれるのは好印象。

装着間は良い。きつく締めるわけでなく、ゆるく押し付ける感じ。
ずれ落ちたりはしないと思うが、頻繁に動く場合はわからない。


音漏れは比較的大きめ。
通常用途では問題ないだろうが、電車では向かないだろう。
大きさを考えるとポータブル用途で使う人は少ないと思うが。

得意なジャンルは、比較的オールマイティ。
結構アニソンとかも合うと思う。
打ち込みの相性は並。低音に締まりが足りない。
音の傾向としてはマイルド系なので、HR/HM系も向くとは言えない。



作りは悪くないし、何を聞くにしても最低限のラインはクリアしている。
2万前後と言う価格を考えるとかなりお勧めな品である。


2011/04/14追記
悪くない…が、KH-K1000がある今ならD5000やD7000の方がよいかもしれない。

| ヘッドホンレビュー | 01:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。